The Curtiss 18T, unofficially known as the Wasp and by the United States Navy as the Kirkham, was an early American triplane fighter aircraft designed by Curtiss Engineering for the US Navy.

Property Value
dbo:abstract
  • El Curtiss 18T, conocido en forma no oficial como Wasp y por la United States Navy como el Kirkham, fue un caza triplano estadounidense diseñado por la Curtiss Engineering para la Armada de Estados Unidos. (es)
  • カーチス 18(Curtiss 18 T Wasp、または Kirkham)は1918年5月7日に初飛行した、アメリカ海軍向けに、カーチスが製作した複座三葉の戦闘機である。アメリカ海軍から2機の注文を受けた。1918年8月、262 km/hの速度記録を達成した。第1次世界大戦後は競技機として使用された。1919年に30,400ftの高度記録も達成した。第1次大戦機の三葉機としては最高の性能をもっていた。 カーチス 18 T-2は、前型機よりエンジンを50馬力増強し、5度の後退角をつけた翼に変更され、全長は5ft延長され翼巾は9ft広げられた。T-2は海軍のパイロットで争われた1922年のカーチス・マーリン・トロフィー・レースでサンディ・サンダーソンの操縦した機体はゴール寸前に燃料切れとなり優勝を逸した。 (ja)
  • The Curtiss 18T, unofficially known as the Wasp and by the United States Navy as the Kirkham, was an early American triplane fighter aircraft designed by Curtiss Engineering for the US Navy. (en)
dbo:designer
dbo:manufacturer
dbo:unitCost
  • 55400.0
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 11983249 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 668366172 (xsd:integer)
dbp:areaAlt
  • 26.75
dbp:areaMain
  • 288.0
dbp:ceilingAlt
  • 7,010 m
dbp:ceilingMain
  • 23000.0
dbp:crew
  • 2 (xsd:integer)
dbp:emptyWeightAlt
  • 898.0
dbp:emptyWeightMain
  • 1980.0
dbp:endurance
  • 21240.0
dbp:engine(prop)_
dbp:firstFlight
  • 1918-05-07 (xsd:date)
dbp:guns
  • :Primary: 2 × forward-firing synchronized .30 in Marlin guns :Secondary: 2 × rear-cockpit .30 in Lewis guns on a Scarff ring, 1 × Lewis gun firing through aperture in aircraft's belly
dbp:heightAlt
  • 3.09 m
dbp:heightMain
  • 309.88
dbp:introduction
  • February 1919
dbp:jetOrProp?_
  • prop
dbp:lengthAlt
  • 7.11 m
dbp:lengthMain
  • 711.1999999999999
dbp:loadedWeightMain
  • 3050.0
dbp:maxSpeedAlt
  • 142 (xsd:integer)
dbp:maxSpeedMain
  • 163.0
dbp:maxTakeoffWeightAlt
  • 1383.0
dbp:morePerformance
  • 600.0
dbp:numberOfProps
  • 1 (xsd:integer)
dbp:planeOrCopter?_
  • plane
dbp:powerAlt
  • 298.0
dbp:powerMain
  • 400.0
dbp:primaryUser
dbp:ref
  • Curtiss Aircraft 1907–1947
dbp:spanAlt
  • 9.75 m
dbp:spanMain
  • 1000.76
dbp:type
  • twoseat fighter triplane
dbp:typeOfProp
  • water-cooled 12-cylinder vee engine
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • El Curtiss 18T, conocido en forma no oficial como Wasp y por la United States Navy como el Kirkham, fue un caza triplano estadounidense diseñado por la Curtiss Engineering para la Armada de Estados Unidos. (es)
  • カーチス 18(Curtiss 18 T Wasp、または Kirkham)は1918年5月7日に初飛行した、アメリカ海軍向けに、カーチスが製作した複座三葉の戦闘機である。アメリカ海軍から2機の注文を受けた。1918年8月、262 km/hの速度記録を達成した。第1次世界大戦後は競技機として使用された。1919年に30,400ftの高度記録も達成した。第1次大戦機の三葉機としては最高の性能をもっていた。 カーチス 18 T-2は、前型機よりエンジンを50馬力増強し、5度の後退角をつけた翼に変更され、全長は5ft延長され翼巾は9ft広げられた。T-2は海軍のパイロットで争われた1922年のカーチス・マーリン・トロフィー・レースでサンディ・サンダーソンの操縦した機体はゴール寸前に燃料切れとなり優勝を逸した。 (ja)
  • The Curtiss 18T, unofficially known as the Wasp and by the United States Navy as the Kirkham, was an early American triplane fighter aircraft designed by Curtiss Engineering for the US Navy. (en)
rdfs:label
  • Curtiss 18 (es)
  • Curtiss 18 (en)
  • カーチス 18 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of