The Common Core Booster (CCB) is an American rocket stage, which is used as the first stage of the Atlas V rocket as part of its modular design. It was also intended that two additional CCBs would be used as boosters on the Atlas V Heavy, however this configuration has not been developed. Use of a Common Core Booster as the first stage of the Japanese GX was also planned; however, this program was cancelled in late 2009. The Common Core Booster is 32.46 metres (106.5 ft) long, has a diameter of 3.81 metres (12.5 ft) and is powered by a single RD-180 engine burning RP-1 and liquid oxygen.

Property Value
dbo:abstract
  • コモン・コア・ブースター(Common Core Booster、CCB)はアトラス Vの第1段に使用されるモジュラー設計を取り入れたアメリカ合衆国のロケットである。モジュラー構想として、アトラスVヘビーはブースターとして両脇に同形の2本を追加した3本で重量物の打ち上げに対応する構成とされたがキャンセルされた。その他には、CCBを第1段に使用するロケットとして日本のGXロケットがこれを利用するものとして計画されたが2009年末に中止された。 CCBは全長が32.46メートル (106.5 ft)で直径が3.81メートル (12.5 ft)でRP-1と液体酸素を燃焼させるRD-180エンジンが1基使用される。 CCBとRD-180エンジンの試験はマーシャル宇宙飛行センターとロシアのヒムキで実施された。試験は2001年12月に最後のエンジン試験が実施された。CCBを備えたアトラスⅤは2002年8月21日にケープカナベラル空軍基地の41番発射台から最初に打ち上げられた。2015年1月時点においてアトラスⅤは52基が打ち上げられ全て1基のCCBが使用された。 (ja)
  • 범용 핵심 부스터(Common Core Booster, CCB)는 록히드 마틴의 아틀라스 V의 1단 로켓을 말한다. 일본의 GX 로켓도 이 1단 로켓을 사용하려 했으나 2009년 계획이 취소되었다. (ko)
  • Common Core Booster (CCB): modułowy stopień główny rakiet nośnych Atlas V produkowany przez United Launch Alliance, powstały w celu zastąpienia stalowych członów głównych wykorzystywanych w rakietach Atlas od 1957 roku. Jako drugi główny stopień rakiet serii Atlas wykorzystuje silnik RD-180 produkowany przez zakład NPO Energomasz w Moskwie. (pl)
  • The Common Core Booster (CCB) is an American rocket stage, which is used as the first stage of the Atlas V rocket as part of its modular design. It was also intended that two additional CCBs would be used as boosters on the Atlas V Heavy, however this configuration has not been developed. Use of a Common Core Booster as the first stage of the Japanese GX was also planned; however, this program was cancelled in late 2009. The Common Core Booster is 32.46 metres (106.5 ft) long, has a diameter of 3.81 metres (12.5 ft) and is powered by a single RD-180 engine burning RP-1 and liquid oxygen. Testing of the CCB and its RD-180 engines was conducted in the United States at the Marshall Space Flight Center, and in Khimki, Russia. The test programme concluded with the final engine test in December 2001. The first launch of a Common Core Booster was the maiden flight of the Atlas V, which was launched from Space Launch Complex 41 at the Cape Canaveral Air Force Station on 21 August 2002. As of January 2015, the Atlas V has made fifty-two flights, all of which have used a single Common Core Booster. (en)
  • 公共核心助推器(Common Core Booster,CCB)是宇宙神五号第一级的一个模块。为了提高火箭的有效负荷,其第一级使用了三个CCB。CCB采用俄罗斯的煤油液氧发动机RD-180,推力可达4.15 MN。 (zh)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 28776446 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3269 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 972559804 (xsd:integer)
dbp:caption
  • The CCB of Atlas V AV-021 is erected at the Vertical Integration Facility of SLC-41 ahead of the launch of the Solar Dynamics Observatory (en)
dbp:country
  • United States (en)
dbp:manufacturer
dbp:name
  • Common Core Booster (en)
dbp:rockets
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • コモン・コア・ブースター(Common Core Booster、CCB)はアトラス Vの第1段に使用されるモジュラー設計を取り入れたアメリカ合衆国のロケットである。モジュラー構想として、アトラスVヘビーはブースターとして両脇に同形の2本を追加した3本で重量物の打ち上げに対応する構成とされたがキャンセルされた。その他には、CCBを第1段に使用するロケットとして日本のGXロケットがこれを利用するものとして計画されたが2009年末に中止された。 CCBは全長が32.46メートル (106.5 ft)で直径が3.81メートル (12.5 ft)でRP-1と液体酸素を燃焼させるRD-180エンジンが1基使用される。 CCBとRD-180エンジンの試験はマーシャル宇宙飛行センターとロシアのヒムキで実施された。試験は2001年12月に最後のエンジン試験が実施された。CCBを備えたアトラスⅤは2002年8月21日にケープカナベラル空軍基地の41番発射台から最初に打ち上げられた。2015年1月時点においてアトラスⅤは52基が打ち上げられ全て1基のCCBが使用された。 (ja)
  • 범용 핵심 부스터(Common Core Booster, CCB)는 록히드 마틴의 아틀라스 V의 1단 로켓을 말한다. 일본의 GX 로켓도 이 1단 로켓을 사용하려 했으나 2009년 계획이 취소되었다. (ko)
  • Common Core Booster (CCB): modułowy stopień główny rakiet nośnych Atlas V produkowany przez United Launch Alliance, powstały w celu zastąpienia stalowych członów głównych wykorzystywanych w rakietach Atlas od 1957 roku. Jako drugi główny stopień rakiet serii Atlas wykorzystuje silnik RD-180 produkowany przez zakład NPO Energomasz w Moskwie. (pl)
  • 公共核心助推器(Common Core Booster,CCB)是宇宙神五号第一级的一个模块。为了提高火箭的有效负荷,其第一级使用了三个CCB。CCB采用俄罗斯的煤油液氧发动机RD-180,推力可达4.15 MN。 (zh)
  • The Common Core Booster (CCB) is an American rocket stage, which is used as the first stage of the Atlas V rocket as part of its modular design. It was also intended that two additional CCBs would be used as boosters on the Atlas V Heavy, however this configuration has not been developed. Use of a Common Core Booster as the first stage of the Japanese GX was also planned; however, this program was cancelled in late 2009. The Common Core Booster is 32.46 metres (106.5 ft) long, has a diameter of 3.81 metres (12.5 ft) and is powered by a single RD-180 engine burning RP-1 and liquid oxygen. (en)
rdfs:label
  • Common Core Booster (en)
  • コモン・コア・ブースター (ja)
  • 범용 핵심 부스터 (ko)
  • Common Core Booster (pl)
  • 公共核心助推器 (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of