A celebrity bond is commercial debt security issued by a holder of fame-based intellectual property rights to receive money upfront from investors on behalf of the bond issuer and their celebrity clients in exchange for assigning investors the right to collect future royalty monies to the works covered by the intellectual property rights listed in the bond. Typically backed by music properties, the investment vehicle was pioneered in 1997 by rock and roll investment banker David Pullman through his $55 million David Bowie bond deal.

Property Value
dbo:abstract
  • A celebrity bond is commercial debt security issued by a holder of fame-based intellectual property rights to receive money upfront from investors on behalf of the bond issuer and their celebrity clients in exchange for assigning investors the right to collect future royalty monies to the works covered by the intellectual property rights listed in the bond. Typically backed by music properties, the investment vehicle was pioneered in 1997 by rock and roll investment banker David Pullman through his $55 million David Bowie bond deal. (en)
  • ボウイ債(ボウイさい)とは、ロックミュージシャンのデヴィッド・ボウイが1997年に発行した債券(正確には資産担保証券(ABS))である。 1990年以前に録音された自らの楽曲(278曲、アルバム25枚)の著作権が生み出す利益と、将来ライブで稼ぐ金を担保にして発行した。 ムーディーズからA3の長期信用格付けを受け、アメリカの保険会社プルデンシャル・ファイナンシャルが一括して全ての債券(総額5,500万USドル)を買い取った。その後、音楽業界の不振により、ムーディーズは2004年5月、格付けをBaa3に下げている。 この後、ジェームス・ブラウンその他のミュージシャンが、同様の債券を発行した。これらの債券は、ボウイ債を手がけたデヴィッド・プルマンの名を採り「プルマン債」(Pullman Bonds)とも呼ばれる。知的財産権の証券化や、ポップミュージックや映画などのアート&エンターテインメント産業の新たな資金調達方法の、先駆け(または象徴)となった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2849962 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 722349116 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • A celebrity bond is commercial debt security issued by a holder of fame-based intellectual property rights to receive money upfront from investors on behalf of the bond issuer and their celebrity clients in exchange for assigning investors the right to collect future royalty monies to the works covered by the intellectual property rights listed in the bond. Typically backed by music properties, the investment vehicle was pioneered in 1997 by rock and roll investment banker David Pullman through his $55 million David Bowie bond deal. (en)
  • ボウイ債(ボウイさい)とは、ロックミュージシャンのデヴィッド・ボウイが1997年に発行した債券(正確には資産担保証券(ABS))である。 1990年以前に録音された自らの楽曲(278曲、アルバム25枚)の著作権が生み出す利益と、将来ライブで稼ぐ金を担保にして発行した。 ムーディーズからA3の長期信用格付けを受け、アメリカの保険会社プルデンシャル・ファイナンシャルが一括して全ての債券(総額5,500万USドル)を買い取った。その後、音楽業界の不振により、ムーディーズは2004年5月、格付けをBaa3に下げている。 この後、ジェームス・ブラウンその他のミュージシャンが、同様の債券を発行した。これらの債券は、ボウイ債を手がけたデヴィッド・プルマンの名を採り「プルマン債」(Pullman Bonds)とも呼ばれる。知的財産権の証券化や、ポップミュージックや映画などのアート&エンターテインメント産業の新たな資金調達方法の、先駆け(または象徴)となった。 (ja)
rdfs:label
  • Celebrity bond (en)
  • ボウイ債 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of