Bonerama is a brass funk rock band from New Orleans, Louisiana, USA. Bonerama was formed in 1998 by trombone players Mark Mullins and Craig Klein, who, from 1990 up until late 2006, were also members of Harry Connick Jr.'s big band. Shortly thereafter, they added trombone players Steve Suter, Brian O'Neill, and Rick Trolsen, sousaphone player Matt Perrine, guitarist Bert Cotton, and drummer Eric Bolivar. New Orleans drummers Russell Batiste, Stanton Moore, Doug Belote, Chad Gilmore, Terence Higgins, and Kevin O'Day have also been playing with Bonerama for periods of time. Later, Charlie Kruger electric bass replaced Matt Perrine.

Property Value
dbo:abstract
  • Bonerama ist eine Funk-Brass Band aus New Orleans, Louisiana, USA. (de)
  • Bonerama is a brass funk rock band from New Orleans, Louisiana, USA. Bonerama was formed in 1998 by trombone players Mark Mullins and Craig Klein, who, from 1990 up until late 2006, were also members of Harry Connick Jr.'s big band. Shortly thereafter, they added trombone players Steve Suter, Brian O'Neill, and Rick Trolsen, sousaphone player Matt Perrine, guitarist Bert Cotton, and drummer Eric Bolivar. New Orleans drummers Russell Batiste, Stanton Moore, Doug Belote, Chad Gilmore, Terence Higgins, and Kevin O'Day have also been playing with Bonerama for periods of time. Later, Charlie Kruger electric bass replaced Matt Perrine. Bonerama trombonist Brian O'Neill had a heart attack and died while on a solo piano gig in New Orleans in December 2005. Bonerama released their debut album in 2001, to positive reviews from OffBeat magazine, Gambit Weekly, and The Times Picayune. They had their first tour of the East Coast to sold-out venues. Rolling Stone editor David Fricke, in his "On the Edge" column, wrote about them as "the ultimate in brass balls." On January 2, 2008, Bonerama performed the national anthem at the 2008 Sugar Bowl. On February 5, they released a joint EP with OK Go, entitled You're Not Alone, to raise money for New Orleans musicians still displaced by the 2005 Hurricane Katrina. On February 11, 2008, Bonerama performed "A Million Ways" with Damian Kulash of OK Go on the Late Show with David Letterman. After the departure of Rick Trolsen and Steve Suter in early 2009, trombonist Greg Hicks joined the band. In time, the three trombonists (Mullins, Klein and Hicks) became one of the most in-demand horn sections in New Orleans and began to appear under the name The Bonerama Horns. The Bonerama Horns appear on several songs on Alec Ounsworth's (Clap Your Hands Say Yeah) 2009 release Mo Beauty; R.E.M.'s 2010 release Collapse into Now (appearing on "It Happened Today" and "Oh My Heart"); and Sierra Leone Refugee All Stars 2010 release Rise and Shine. (en)
  • ボーネラマ (Bonerama) は、 米国ルイジアナ州ニューオーリンズのブラス・バンド。 通常、目立つ機会が比較的少ないトロンボーンをあえて4本揃えて前面に押し出した、異色のスタイルを取る。展開するサウンドも、オールマン・ブラザーズの"Whippin' Post"、レッド・ツェッペリンの"The Ocean"などのカバーで顕著なように、伝統的なブラスバンドのスタイルの常識を覆すものであり、彼らは自らの音楽を「ニューオーリンズ・ブラス・ファンク・ロック」と呼んでいる。 ボーネラマは、ハリー・コニック・Jrのビッグバンドのメンバーであった、2人のトロンボーン奏者、マーク・マリンズとクレイグ・クラインを中心として、1998年に結成された。当初のメンバーは彼らに加え、もう2人のトロンボーン奏者、スティーヴ・サター、ブライアン・オニール、ニューオーリンズ・ナイトクローラーズ・ブラス・バンドでも活躍するスーザフォンのマット・ペローン、ギタリストのバート・コットン、ドラマーのチャド・ギルモアといった面々であった。 2001年にデビュー作 Live at the Old Point をリリース。これまでリリースした3枚のアルバムはいずれもライヴ・アルバムである。2005年12月、ブライアン・オニールがニューオーリンズのソロ・ギグ中に心臓発作により死去したものの、その後も活動は続けている。 (ja)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1998-01-01 (xsd:date)
dbo:background
  • group_or_band
dbo:genre
dbo:hometown
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4529084 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 743576014 (xsd:integer)
dbp:caption
  • Bonerama at the New Orleans Jazz Fest, 2006.
dbp:currentMembers
  • Alvin Ford, Jr.
  • Bert Cotton
  • Craig Klein
  • Greg Hicks
  • Mark Mullins
  • Nori Naraoka
dbp:label
  • Independent
dbp:landscape
  • yes
dbp:pastMembers
  • Brian O'Neill
  • Chad Gilmore
  • Eric Bolivar
  • Joe Ashlar
  • Matt Perrine
  • Rick Trolsen
  • Russell Batiste
  • Steve Suter
dbp:wordnet_type
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Bonerama ist eine Funk-Brass Band aus New Orleans, Louisiana, USA. (de)
  • ボーネラマ (Bonerama) は、 米国ルイジアナ州ニューオーリンズのブラス・バンド。 通常、目立つ機会が比較的少ないトロンボーンをあえて4本揃えて前面に押し出した、異色のスタイルを取る。展開するサウンドも、オールマン・ブラザーズの"Whippin' Post"、レッド・ツェッペリンの"The Ocean"などのカバーで顕著なように、伝統的なブラスバンドのスタイルの常識を覆すものであり、彼らは自らの音楽を「ニューオーリンズ・ブラス・ファンク・ロック」と呼んでいる。 ボーネラマは、ハリー・コニック・Jrのビッグバンドのメンバーであった、2人のトロンボーン奏者、マーク・マリンズとクレイグ・クラインを中心として、1998年に結成された。当初のメンバーは彼らに加え、もう2人のトロンボーン奏者、スティーヴ・サター、ブライアン・オニール、ニューオーリンズ・ナイトクローラーズ・ブラス・バンドでも活躍するスーザフォンのマット・ペローン、ギタリストのバート・コットン、ドラマーのチャド・ギルモアといった面々であった。 2001年にデビュー作 Live at the Old Point をリリース。これまでリリースした3枚のアルバムはいずれもライヴ・アルバムである。2005年12月、ブライアン・オニールがニューオーリンズのソロ・ギグ中に心臓発作により死去したものの、その後も活動は続けている。 (ja)
  • Bonerama is a brass funk rock band from New Orleans, Louisiana, USA. Bonerama was formed in 1998 by trombone players Mark Mullins and Craig Klein, who, from 1990 up until late 2006, were also members of Harry Connick Jr.'s big band. Shortly thereafter, they added trombone players Steve Suter, Brian O'Neill, and Rick Trolsen, sousaphone player Matt Perrine, guitarist Bert Cotton, and drummer Eric Bolivar. New Orleans drummers Russell Batiste, Stanton Moore, Doug Belote, Chad Gilmore, Terence Higgins, and Kevin O'Day have also been playing with Bonerama for periods of time. Later, Charlie Kruger electric bass replaced Matt Perrine. (en)
rdfs:label
  • Bonerama (de)
  • Bonerama (en)
  • ボーネラマ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Bonerama (en)
is dbo:artist of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:anthem of
is foaf:primaryTopic of