During Barack Obama's campaign for president in 2008 and in the years following his election, many conspiracy theories were circulated, falsely asserting that he was not a natural-born citizen of the United States and consequently, under Article Two of the U.S. Constitution, that he was ineligible to be President of the United States.

Property Value
dbo:abstract
  • Les théories sur la citoyenneté du président américain Barack Obama, birther dans les médias anglo-saxons, font référence à une série d'allégations et rumeurs accusant Barack Obama de ne pas être né sur le territoire des États-Unis, et donc de n'être éligible à la fonction de président des États-Unis tel que le requiert l'article II de la Constitution américaine. Ces rumeurs sont apparues sous forme de chaînes de mails anonymes diffusés pendant les primaires présidentielles du parti démocrate en 2008. Elles ont culminé et atteint leur point d'orgue en 2011, durant les préparatifs des campagnes électorales à la présidence américaine de 2012. Une vaste campagne médiatique, exigeant du président qu'il rende public son acte de naissance, a trouvé des relais tant chez les polémistes conservateurs de radio et de télévision que dans une certaine frange de la classe politique conservatrice, notamment en la personne de Donald Trump qui multiplia les déclarations médiatiques sur le sujet. Le bruit médiatique autour de cette affaire est partiellement retombé lorsque la Maison-Blanche, en date du 27 avril 2011, a rendu public l'acte de naissance du président ; de nouvelles allégations sont cependant apparues insinuant que l'acte était un faux. Néanmoins, ces allégations ne sont pas partagées par l'ensemble de la classe politique républicaine. Elles ont été rejetées par l'équipe de campagne de John McCain en 2008, et plusieurs personnalités du camp républicain de premier plan, tels les candidats républicains Rick Santorum ou Tim Pawlenty par exemple, se sont démarquées de ces accusations, considérant qu'elle entachaient le débat politique et qu'elles nuisaient à la crédibilité du Parti républicain. (fr)
  • バラク・オバマの国籍の陰謀論は、バラク・オバマ大統領のアメリカ合衆国の国籍が正当なものであるか、アメリカ合衆国の大統領の資格がないのではないというものである。ある陰謀論の主張によれば、オバマはケニア(Kenya Colony)で誕生したとされており、ハワイ生まれではない。または、出生証明書が偽造されているとしている。その他の主張によると、オバマはインドネシアの住民であり、彼は誕生時に二重国籍(イギリスとアメリカ)となり、アメリカ合衆国で生まれた市民(natural born citizen)ではないため、アメリカ合衆国憲法第二条に定義されているアメリカ合衆国の大統領の資格を満たしていないとされる。この陰謀論は2008年中旬にオバマが民主党の予備選挙で勝利したころに世論となり、2008年下旬から2009年初めにかけての選挙人団の投票とオバマの就任で注目され、多くの裁判沙汰となった。 この主張は一部の狂信者と政治的対立者が触れ回っているものである。彼らの一部は、オバマの大統領への立候補・承認を無効とするため、あるいはそれが有効だと証明する新たな証拠を要求するため、訴訟を起こしている。その全ては、下級裁判所で却下されている。3件の訴訟は合衆国最高裁判所に持ち込まれたのち退けられた。2009年1月8日、オバマは大統領に選出されたことを議会によって承認され、1月20日に大統領として宣誓を行なったが、就任後も訴訟は継続した。これらの陰謀論を喧伝している人々は、同時多発テロの陰謀論者が "truthers"(トゥルーサーズ、「真実」を主張する人たち)と呼ばれるように、同類として "birthers"(バーサーズ、「出生」を主張する人たち)としばしば呼ばれる。 2008年の大統領選挙運動 (en) ではハワイ州保健局 (Hawaii Department of Health) による彼の出生証明書が示され、そのスキャン画像がオンライン上にアップされた。それによると、オバマは1961年8月4日にハワイのホノルルで生まれたとある。また「この複製はあらゆる法的手続において出生の事実を示す明白な証拠たりうる」ともある。この陰謀論でよく出される疑問が、彼は未だに出生証明書の原本もしくは完全版 (long form) の写真複製を出したことが無く、編集された抄録版 (short form) しか出していないというものである。また、この書類で "certification of live birth" という用語が使われていることは、これが "birth certificate"(出生証明)そのものではないことを意味するとも指摘されている。これらはマスコミの調査、関心を持った司法委員会、ハワイ州政府の官僚たちによって繰り返し取り上げられてきた。そして最終的に一致した彼らの見解は、オバマが選挙運動中に公開した証明書は、実際に公式な出生証明だというものだった。ハワイ州保健局の広報担当者ジャニス・オオクボはこの件について尋ねられ、「ハワイ州の証明書に完全版とか抄録版といった様式はない」と述べた。さらに、同局長は「ハワイ州は州の方針と手続に従ってオバマ上院議員の出生証明書の原本を保管している」と確証した。 2008年11月9日、「ホノルル・アドバタイザー」紙は未だ止まない噂に応えるため、自身のウェブサイトに1961年8月13日の出生公示のスクリーンショットをマイクロフィルムから起こして掲載した。その種の通知はハワイ州保健局から各新聞社へ送られる決まりになっているのだ。 それにも関わらず、共和党が選任した何人かの官僚はオバマの市民権に対する懐疑を述べ、あるいは納得するに足るものでないと表明し続けている。一方、連邦議会と州議会の共和党議員たちは、大統領候補は大統領となる資格(これには生まれながらの市民権も含む)の証明となる書類を用意しなければならないとする法律の制定を提案し、賛成票を投じた。付け加えると、2010年の世論調査では成人アメリカ人の 1/4 以上がオバマの合衆国内出生について疑いを持っていると示唆された。 (ja)
  • Teorias da conspiração envolvendo Barack Obama referem-se a uma série de polêmicas, tidas como teorias da conspiração, que envolvem a vida e a atuação política do presidente dos Estados Unidos, Barack Hussein Obama II. (pt)
  • During Barack Obama's campaign for president in 2008 and in the years following his election, many conspiracy theories were circulated, falsely asserting that he was not a natural-born citizen of the United States and consequently, under Article Two of the U.S. Constitution, that he was ineligible to be President of the United States. Theories alleged that Obama's published birth certificate was a forgery—that his actual birthplace was not Hawaii but Kenya. Other theories alleged that Obama became a citizen of Indonesia in childhood, thereby losing his U.S. citizenship. Still others claimed that Obama was not a natural-born U.S. citizen because he was born a dual citizen (British and American). A number of political commentators have characterized these various claims as a racist reaction to Obama's status as the first African American President of the United States. Such claims were promoted by fringe theorists ("birthers"), some of whom sought court rulings either declaring Obama ineligible to take office, or granting access to various documents which they claimed would evidence such ineligibility; none of these efforts were successful. Some political opponents, especially in the Republican Party, have expressed skepticism about Obama's citizenship or been unwilling to acknowledge it; some have proposed legislation which would require presidential candidates to provide proof of eligibility. Expressed belief in such theories has persisted despite Obama's pre-election release of his official Hawaiian birth certificate in 2008; confirmation, based on the original documents, by the Hawaii Department of Health; the April 2011 release of a certified copy of Obama's original Certificate of Live Birth (or long-form birth certificate); and contemporaneous birth announcements published in Hawaii newspapers. Polls conducted in 2010 suggested that at least one quarter of adult Americans said that they doubted Obama's U.S. birth, while a May 2011 Gallup poll found that 13% of American adults (23% of Republicans) continued to express such doubts. (en)
dbo:soundRecording
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 20617631 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 744722244 (xsd:integer)
dbp:align
  • right
dbp:quote
  • "Here is what the Republican party needs to do: we have to say that's crazy. So I'm here to tell you that those who think the president was born somewhere other than Hawaii you’re crazy ... let's knock this crap off and talk about the real differences we have."
dbp:source
  • --10-01
dbp:width
  • 33.0
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Teorias da conspiração envolvendo Barack Obama referem-se a uma série de polêmicas, tidas como teorias da conspiração, que envolvem a vida e a atuação política do presidente dos Estados Unidos, Barack Hussein Obama II. (pt)
  • バラク・オバマの国籍の陰謀論は、バラク・オバマ大統領のアメリカ合衆国の国籍が正当なものであるか、アメリカ合衆国の大統領の資格がないのではないというものである。ある陰謀論の主張によれば、オバマはケニア(Kenya Colony)で誕生したとされており、ハワイ生まれではない。または、出生証明書が偽造されているとしている。その他の主張によると、オバマはインドネシアの住民であり、彼は誕生時に二重国籍(イギリスとアメリカ)となり、アメリカ合衆国で生まれた市民(natural born citizen)ではないため、アメリカ合衆国憲法第二条に定義されているアメリカ合衆国の大統領の資格を満たしていないとされる。この陰謀論は2008年中旬にオバマが民主党の予備選挙で勝利したころに世論となり、2008年下旬から2009年初めにかけての選挙人団の投票とオバマの就任で注目され、多くの裁判沙汰となった。 2008年11月9日、「ホノルル・アドバタイザー」紙は未だ止まない噂に応えるため、自身のウェブサイトに1961年8月13日の出生公示のスクリーンショットをマイクロフィルムから起こして掲載した。その種の通知はハワイ州保健局から各新聞社へ送られる決まりになっているのだ。 (ja)
  • Les théories sur la citoyenneté du président américain Barack Obama, birther dans les médias anglo-saxons, font référence à une série d'allégations et rumeurs accusant Barack Obama de ne pas être né sur le territoire des États-Unis, et donc de n'être éligible à la fonction de président des États-Unis tel que le requiert l'article II de la Constitution américaine. (fr)
  • During Barack Obama's campaign for president in 2008 and in the years following his election, many conspiracy theories were circulated, falsely asserting that he was not a natural-born citizen of the United States and consequently, under Article Two of the U.S. Constitution, that he was ineligible to be President of the United States. (en)
rdfs:label
  • Théories sur la citoyenneté de Barack Obama (fr)
  • バラク・オバマの国籍陰謀論 (ja)
  • Teorias conspiratórias sobre a cidadania de Barack Obama (pt)
  • Barack Obama citizenship conspiracy theories (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is rdfs:seeAlso of
is foaf:primaryTopic of