"Attica State" is a song by John Lennon and Yoko Ono. It appeared on the album, Some Time in New York City. The song is a lamentation of the loss of life in the Attica State prison riots, as well as the poor living conditions and human rights prisoners are afforded in the United States. "Attica State" was also intended as the b-side of the lead single from Some Time in New York City, which was to have been "The Luck of the Irish." The intended single was given catalogue number APPLE 1846 but was cancelled before being released.

Property Value
dbo:Work/runtime
  • 2.9
dbo:abstract
  • アッティカ・ステート(Attica State)は1972年にジョン・レノンがオノ・ヨーコと共同名義で発表した自身生前唯一の2枚組アルバム『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』に収録された曲である。 ジョンは後年「遅れてきた反体制のカリスマ」と皮肉られるほど活動する時期が時流から外れるという不運に見舞われていたがこの曲がその象徴といえ曲のベースとなったアッティカ刑務所で起きた暴動事件は1971年の事で発表された時には多くの人が「そんな事、あったっけ?」と忘れていた。とはいえ、刑務所で暴動が起きたのをきっかけに人権闘争を呼びかけるというメッセージが歌われている点を見ればジョンは時代の最先端を行っていたのかもしれない。 ちなみに歌詞のくだりには「ロックフェラーが引き金を引いた」とあるが実はアメリカがらみの戦争に影響を及ぼすオイル・メジャーを痛罵したものである。 ジョン・レノンを射殺したマーク・チャップマンは、現在このアッティカ刑務所に収監されている。 (ja)
  • "Attica State" is a song by John Lennon and Yoko Ono. It appeared on the album, Some Time in New York City. The song is a lamentation of the loss of life in the Attica State prison riots, as well as the poor living conditions and human rights prisoners are afforded in the United States. "Attica State" was also intended as the b-side of the lead single from Some Time in New York City, which was to have been "The Luck of the Irish." The intended single was given catalogue number APPLE 1846 but was cancelled before being released. (en)
dbo:album
dbo:artist
dbo:genre
dbo:producer
dbo:recordLabel
dbo:releaseDate
  • 1972-06-12 (xsd:date)
  • 1972-09-15 (xsd:date)
dbo:runtime
  • 174.000000 (xsd:double)
dbo:trackNumber
  • 3 (xsd:integer)
dbo:wikiPageID
  • 23517636 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 724187202 (xsd:integer)
dbo:writer
dbp:published
dbp:recorded
  • Studio: November 1971 – March 1972
dbp:title
  • Attica State
dbp:type
  • song
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アッティカ・ステート(Attica State)は1972年にジョン・レノンがオノ・ヨーコと共同名義で発表した自身生前唯一の2枚組アルバム『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』に収録された曲である。 ジョンは後年「遅れてきた反体制のカリスマ」と皮肉られるほど活動する時期が時流から外れるという不運に見舞われていたがこの曲がその象徴といえ曲のベースとなったアッティカ刑務所で起きた暴動事件は1971年の事で発表された時には多くの人が「そんな事、あったっけ?」と忘れていた。とはいえ、刑務所で暴動が起きたのをきっかけに人権闘争を呼びかけるというメッセージが歌われている点を見ればジョンは時代の最先端を行っていたのかもしれない。 ちなみに歌詞のくだりには「ロックフェラーが引き金を引いた」とあるが実はアメリカがらみの戦争に影響を及ぼすオイル・メジャーを痛罵したものである。 ジョン・レノンを射殺したマーク・チャップマンは、現在このアッティカ刑務所に収監されている。 (ja)
  • "Attica State" is a song by John Lennon and Yoko Ono. It appeared on the album, Some Time in New York City. The song is a lamentation of the loss of life in the Attica State prison riots, as well as the poor living conditions and human rights prisoners are afforded in the United States. "Attica State" was also intended as the b-side of the lead single from Some Time in New York City, which was to have been "The Luck of the Irish." The intended single was given catalogue number APPLE 1846 but was cancelled before being released. (en)
rdfs:label
  • アッティカ・ステート (ja)
  • Attica State (song) (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Attica State (en)
is foaf:primaryTopic of