Arthur Middleton (June 26, 1742 – January 1, 1787), of Charleston, South Carolina, was a signatory of the United States Declaration of Independence. His parents were Henry Middleton and Mary Baker Williams, both of English descent. He was educated in Britain, at Harrow School, Westminster School, and Trinity Hall, Cambridge. He studied law at the Middle Temple and traveled extensively in Europe where his taste in literature, music, and art was developed and refined. In 1764, Arthur and his bride Mary Izard settled at Middleton Place.

Property Value
dbo:abstract
  • Arthur Middleton (June 26, 1742 – January 1, 1787), of Charleston, South Carolina, was a signatory of the United States Declaration of Independence. His parents were Henry Middleton and Mary Baker Williams, both of English descent. He was educated in Britain, at Harrow School, Westminster School, and Trinity Hall, Cambridge. He studied law at the Middle Temple and traveled extensively in Europe where his taste in literature, music, and art was developed and refined. In 1764, Arthur and his bride Mary Izard settled at Middleton Place. Keenly interested in Carolina politics, Middleton was a more radical thinker than his father, Henry Middleton. He was a leader of the American Party in Carolina and one of the boldest members of the Council of Safety and its Secret Committee. In 1776, Arthur was elected to succeed his father in the Continental Congress and subsequently was a signer of the United States Declaration of Independence. Also in 1776, he and William Henry Drayton designed the Great Seal of South Carolina. Despite the time he spent in England, his attitude toward Loyalists was said to be ruthless. During the American Revolutionary War, Middleton served in the defense of Charleston. After the city's fall to the British in 1780, he was sent as a prisoner of war to St. Augustine, Florida (along with Edward Rutledge and Thomas Heyward Jr.), until exchanged in July the following year. Middleton died on January 1, 1787 at the age of 44 and was buried in the family tomb in the Gardens at Middleton Place.The death notice from the State Gazette of South-Carolina (SC), Jan. 4, 1787, described him as a "tender husband and parent, humane master, steady unshaken patriot, the gentleman, and the scholar." The plantation then passed to Henry, his eldest son, later Governor of South Carolina, U.S. Representative and Minister to Russia.Arthur Middleton was also an ancestor of actor Charles B. Middleton, who played Ming the Merciless in the Flash Gordon movies of the 1930s. Arthur Middleton's son-in-law was Congressman Daniel Elliott Huger who was the grandfather-in-law of Confederate General Arthur Middleton Manigault who was also a descendant of Henry Middleton. Arthur Middleton's sister, Susannah Middleton, was the great-great-grandmother of Baldur von Schirach, onetime leader of the Hitler Youth and later Governor ("Gauleiter" or "Reichsstatthalter") of the Reichsgau Vienna, who was convicted of "crimes against humanity" at the Nuremberg Trials, through Baldur Von Schirach's mother Emma Middleton Lynah Tillou (1872–1944). The United States Navy ship, USS Arthur Middleton (AP-55/APA-25), was named for him. (en)
  • Arthur Middleton (* 26. Juni 1742 in Middleton Place, dem Landsitz seines Vaters am Ashley River nahe Charleston, Province of South Carolina, Kolonie des Königreichs Großbritannien; † 1. Januar 1787 in „The Oaks“ nahe Charleston, South Carolina, USA) war ein britisch-US-amerikanischer Politiker und ist als einer der Unterzeichner der Unabhängigkeitserklärung einer der Gründerväter der Vereinigten Staaten. (de)
  • Arthur Middleton, né le 26 juin 1742 à Charleston et mort le 1er janvier 1787, est un homme politique américain. Fils de Henry Middleton, il est l'un des signataires de la Déclaration d'indépendance des États-Unis. Le navire de guerre USS Arthur Middleton est nommé en sa mémoire. * Portail du droit Portail du droit * Portail de la Caroline du Sud Portail de la Caroline du Sud * Portail de la Révolution américaine Portail de la Révolution américaine * Portail de la politique aux États-Unis Portail de la politique aux États-Unis (fr)
  • アーサー・ミドルトン(英: Arthur Middleton、1742年6月26日-1787年1月1日)は、現在のアメリカ合衆国サウスカロライナの代表としてアメリカ独立宣言に署名した者の一人である。 ミドルトンの両親は、第一次大陸会議で第2代議長を務めたヘンリー・ミドルトン(1717年-1784年)とメアリー・ベイカー・ウィリアムズであった。ミドルトンはイギリスのハックニーにあるウェストミンスター・スクールとケンブリッジ大学のトリニティ・ホールで学んだ。ミドル・テンプル法曹院で法律を学んだ後に、ヨーロッパを広範に旅して回り、文学、音楽および美術の素養を積み洗練された。1764年にミドルトンと妻のメアリー・イザードはミドルトン・プレースに住まいを定めた(妻のメアリーはサウスカロライナ議会議員ラルフ・イザードの従姉妹であり、ラルフ・イザードの息子はミドルトンの姪と結婚し、またもう一人の息子はミドルトンの娘エンマと結婚した)。ミドルトンはカロライナの政治に強く興味を持ち、父のヘンリーよりも急進的な考え方をするようになった。カロライナにおけるアメリカ党の指導者となり、安全協議会とその秘密委員会では最も大胆な委員の一人となった。1776年、父の跡を受けて大陸会議の代表に選出され、その結果アメリカ独立宣言の署名者となった。またこの年には、ウィリアム・ヘンリー・ドレイトンと共にサウスカロライナの紋章をデザインした。イングランドで生活した時期があったにも拘らず、王党派に対するその態度は冷酷であったと言われている。 アメリカ独立戦争の間、チャールストンの防衛に携わった。1780年にイギリス軍のためにチャールストン市が陥落すると、(エドワード・ラトリッジと共に)戦争捕虜としてフロリダのセントオーガスティンに送られ、翌年7月の捕虜交換で釈放された。 ミドルトンは1787年1月1日に44歳で死んだ。ミドルトン・プレースの庭園にある家族の墓に葬られた。このプランテーションは長男のヘンリー・ミドルトンが継ぎ、ヘンリーも政界に入った。ヘンリーはサウスカロライナ州知事(1810年-1812年)、アメリカ合衆国下院議員(1815年-1819年)に選ばれ、また駐ロシア大使を務めた(1820年-1830年)。 アメリカ海軍の輸送船USSアーサー・ミドルトンは彼の名前に因んで名付けられた。 ミドルトンの家系には南軍の将軍が3人いた。 * 義理の息子、ダニエル・エリオット・フーガー・ジュニアは南軍の将軍ベンジャミン・フーガーの叔父であった。 * ダニエル・エリオット・フーガー・ジュニアの孫娘メアリー・プロクター・フーガー(1833-1893)は、サウスカロライナ出身で南軍の将軍アーサー・ミドルトン・マニゴールト (1824-1886)の妻であった。マニゴールトはミドルトンの姉妹ヘスター・ミドルトンとサウスカロライナ州副知事チャールズ・ドレイトンの孫であった。ドレイトンは大陸会議代表のウィリアム・ヘンリー・ドレイトンの兄弟だった。 * 2代離れた従姉妹アリカ・ミドルトンは南軍の将軍ロスウェル・S・リプリーと結婚した。アリカの祖母アン・マニゴールトはアーサー・ミドルトンの兄弟トマス・ミドルトンの妻であった。アン・マニゴールトは南軍の将軍アーサー・ミドルトン・マニゴールトの父であるジョセフ・マニゴールトの姉妹であった。 ミドルトンは、エンマ・ミドルトン・ライナー・ティルーを通じてその息子バルドゥール・フォン・シーラッハの先祖である。シーラッハは一時ヒトラーユーゲントの指導者であり、後に帝国大管区ウィーンの知事を務め、ニュルンベルク裁判で「人道に対する犯罪」として有罪となった。 (ja)
  • Arthur Middleton (26 czerwca 1742 - 1 stycznia 1787) – delegat Kongresu Kontynentalnego ze stanu Karolina Południowa, sygnatariusz Deklaracji Niepodległości Stanów Zjednoczonych. (pl)
dbo:birthDate
  • 1742-03-21 (xsd:date)
  • 1742-6-26
dbo:birthPlace
dbo:birthYear
  • 1742-01-01 (xsd:date)
dbo:deathDate
  • 1787-01-01 (xsd:date)
  • 1787-1-1
dbo:deathPlace
dbo:deathYear
  • 1787-01-01 (xsd:date)
dbo:knownFor
dbo:restingPlace
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 152055 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 732831880 (xsd:integer)
dbp:caption
  • Arthur Middleton from a 1771 portrait of the Middleton Family by Benjamin West
dbp:signature
  • Arthur Middleton signature.png
dct:description
  • American politician (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Arthur Middleton (* 26. Juni 1742 in Middleton Place, dem Landsitz seines Vaters am Ashley River nahe Charleston, Province of South Carolina, Kolonie des Königreichs Großbritannien; † 1. Januar 1787 in „The Oaks“ nahe Charleston, South Carolina, USA) war ein britisch-US-amerikanischer Politiker und ist als einer der Unterzeichner der Unabhängigkeitserklärung einer der Gründerväter der Vereinigten Staaten. (de)
  • Arthur Middleton, né le 26 juin 1742 à Charleston et mort le 1er janvier 1787, est un homme politique américain. Fils de Henry Middleton, il est l'un des signataires de la Déclaration d'indépendance des États-Unis. Le navire de guerre USS Arthur Middleton est nommé en sa mémoire. * Portail du droit Portail du droit * Portail de la Caroline du Sud Portail de la Caroline du Sud * Portail de la Révolution américaine Portail de la Révolution américaine * Portail de la politique aux États-Unis Portail de la politique aux États-Unis (fr)
  • Arthur Middleton (26 czerwca 1742 - 1 stycznia 1787) – delegat Kongresu Kontynentalnego ze stanu Karolina Południowa, sygnatariusz Deklaracji Niepodległości Stanów Zjednoczonych. (pl)
  • Arthur Middleton (June 26, 1742 – January 1, 1787), of Charleston, South Carolina, was a signatory of the United States Declaration of Independence. His parents were Henry Middleton and Mary Baker Williams, both of English descent. He was educated in Britain, at Harrow School, Westminster School, and Trinity Hall, Cambridge. He studied law at the Middle Temple and traveled extensively in Europe where his taste in literature, music, and art was developed and refined. In 1764, Arthur and his bride Mary Izard settled at Middleton Place. (en)
  • アーサー・ミドルトン(英: Arthur Middleton、1742年6月26日-1787年1月1日)は、現在のアメリカ合衆国サウスカロライナの代表としてアメリカ独立宣言に署名した者の一人である。 ミドルトンの両親は、第一次大陸会議で第2代議長を務めたヘンリー・ミドルトン(1717年-1784年)とメアリー・ベイカー・ウィリアムズであった。ミドルトンはイギリスのハックニーにあるウェストミンスター・スクールとケンブリッジ大学のトリニティ・ホールで学んだ。ミドル・テンプル法曹院で法律を学んだ後に、ヨーロッパを広範に旅して回り、文学、音楽および美術の素養を積み洗練された。1764年にミドルトンと妻のメアリー・イザードはミドルトン・プレースに住まいを定めた(妻のメアリーはサウスカロライナ議会議員ラルフ・イザードの従姉妹であり、ラルフ・イザードの息子はミドルトンの姪と結婚し、またもう一人の息子はミドルトンの娘エンマと結婚した)。ミドルトンはカロライナの政治に強く興味を持ち、父のヘンリーよりも急進的な考え方をするようになった。カロライナにおけるアメリカ党の指導者となり、安全協議会とその秘密委員会では最も大胆な委員の一人となった。1776年、父の跡を受けて大陸会議の代表に選出され、その結果アメリカ独立宣言の署名者となった。またこの年には、ウィリアム・ヘンリー・ドレイトンと共にサウスカロライナの紋章をデザインした。イングランドで生活した時期があったにも拘らず、王党派に対するその態度は冷酷であったと言われている。 (ja)
rdfs:label
  • Arthur Middleton (en)
  • Arthur Middleton (Politiker) (de)
  • Arthur Middleton (fr)
  • アーサー・ミドルトン (ja)
  • Arthur Middleton (pl)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Arthur (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Arthur Middleton (en)
foaf:surname
  • Middleton (en)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is foaf:primaryTopic of