The Adélaïde Concerto is the nickname of a Violin Concerto in D major attributed to Wolfgang Amadeus Mozart and given the catalogue number K. Anh. 294a in the third edition of the standard Köchel catalogue of Mozart's works. Unknown until the 20th century, this concerto was later discovered to be a spurious work by Marius Casadesus. It was given a new number in the sixth edition of the Köchel catalogue, K. Anh.C 14.05, as part of the Anhang C designated for spurious or doubtful works which have been attributed to Mozart at some time.

Property Value
dbo:abstract
  • The Adélaïde Concerto is the nickname of a Violin Concerto in D major attributed to Wolfgang Amadeus Mozart and given the catalogue number K. Anh. 294a in the third edition of the standard Köchel catalogue of Mozart's works. Unknown until the 20th century, this concerto was later discovered to be a spurious work by Marius Casadesus. It was given a new number in the sixth edition of the Köchel catalogue, K. Anh.C 14.05, as part of the Anhang C designated for spurious or doubtful works which have been attributed to Mozart at some time. (en)
  • アデライード協奏曲(Adélaïde Concerto)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲と推測された《ヴァイオリン協奏曲 ニ長調》のことである。モーツァルト作品目録においてK. Anh. 294a という整理番号さえ与えられた( "Anh." という略語は、「補遺」を意味するドイツ語 "Anhang" のことである)。しかしながら20世紀まで存在が知られていなかったことから、後にマリウス・カサドシュの贋作であったことが発覚した。現在のモーツァルト作品目録(第6版)においては、新たにK. Anh. C 14.05という番号に変更されている。 次の3楽章から構成される。第1・2楽章は協奏ソナタ形式、第3楽章はロンド形式。 1. * Allegro、ニ長調 2. * Adagio、イ長調 * Allegro、ニ長調 1933年に初めてピアノ・スコアで出版された時、「校訂者」のカサドシュは、10歳のモーツァルト少年による自筆譜からこの出版譜を編集したことや、譜面にはルイ15世の長女アデライード王女への献辞があることを報告した。この真偽の疑わしい草稿は虫のいいことに、アルフレート・アインシュタインやフリードリヒ・ブルーメといった音楽学者に決して閲覧することが許されず、ブルーメはカサドシュから、「自筆譜は2段の譜表によっており、そのうち上段は独奏パート(に加えてトゥッティ)が、下段はバスが記入されている」との説明を受けている。カサドシュは、ペテンにかかった相手を確実におちょくることになるというのに、ブルーメによると「上段はニ長調で、下段はホ長調で記譜されている」とも報告したという。(原則としてヴァイオリンは移調楽器ではないので、スコルダトゥーラを行う場合でない限り、上下の五線を異なる調性で記入する必要はない) 来歴がないにもかかわらず、ブルーメはまんまとこの協奏曲に騙されてしまった。しかしアインシュタインは疑念を呈し、「“クライスラー風の”煙幕を張られた作品」と呼んだ(名ヴァイオリニストのフリッツ・クライスラーが、たとえばプニャーニやタルティーニ、ヴィヴァルディの様式で作曲した作品は、初めはこれら過去の巨匠の真作として通用していたからである)。その他の多くの研究者も、同様の疑問を表明したが、ようやく1977年になって、カサドシュが著作権論争のさなかに、この怪しい「モーツァルト作品」が真作ではなく、自分の贋作であることを認めた。 《アデライード協奏曲》は、ときに誤って兄アンリの作品と表記されることがある。おそらくはカサドシュ兄弟がゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルやヨハン・クリスティアン・バッハなどの名義で多くの偽作を創り上げたからであろう。 ユーディ・メニューイン、ヴァネッサ・メイなどが録音を残している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 5846489 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 727213867 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • The Adélaïde Concerto is the nickname of a Violin Concerto in D major attributed to Wolfgang Amadeus Mozart and given the catalogue number K. Anh. 294a in the third edition of the standard Köchel catalogue of Mozart's works. Unknown until the 20th century, this concerto was later discovered to be a spurious work by Marius Casadesus. It was given a new number in the sixth edition of the Köchel catalogue, K. Anh.C 14.05, as part of the Anhang C designated for spurious or doubtful works which have been attributed to Mozart at some time. (en)
  • アデライード協奏曲(Adélaïde Concerto)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲と推測された《ヴァイオリン協奏曲 ニ長調》のことである。モーツァルト作品目録においてK. Anh. 294a という整理番号さえ与えられた( "Anh." という略語は、「補遺」を意味するドイツ語 "Anhang" のことである)。しかしながら20世紀まで存在が知られていなかったことから、後にマリウス・カサドシュの贋作であったことが発覚した。現在のモーツァルト作品目録(第6版)においては、新たにK. Anh. C 14.05という番号に変更されている。 次の3楽章から構成される。第1・2楽章は協奏ソナタ形式、第3楽章はロンド形式。 1. * Allegro、ニ長調 2. * Adagio、イ長調 * Allegro、ニ長調 《アデライード協奏曲》は、ときに誤って兄アンリの作品と表記されることがある。おそらくはカサドシュ兄弟がゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルやヨハン・クリスティアン・バッハなどの名義で多くの偽作を創り上げたからであろう。 ユーディ・メニューイン、ヴァネッサ・メイなどが録音を残している。 (ja)
rdfs:label
  • Adélaïde Concerto (en)
  • アデライード協奏曲 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of