About: Oracle Coherence     Goto   Sponge   NotDistinct   Permalink

An Entity of Type : dbo:Company, within Data Space : dbpedia.org associated with source document(s)

In computing, Oracle Coherence is a proprietary Java-based in-memory data grid, designed to have better reliability, scalability and performance than traditional relational database management systems. Oracle Corporation acquired Tangosol Inc., the original owner of the product, in April 2007, when it had more than 100 direct customers. At that time Tangosol Coherence was embedded in a number of other software products, some of which belonged to Oracle Corporations's competitors.

AttributesValues
rdf:type
rdfs:label
  • Oracle Coherence
  • Oracle Coherence
rdfs:comment
  • Oracle Coherence(以下、Coherence)はJavaベースのデータ・グリッド製品で、データ・キャッシング、データ・レプリケーション、分散コンピューティング・サービスを提供する。同製品は従来のデータベース中心のアプリケーションにまつわる問題を、信頼性、スケーラビリティ、性能を向上して解決することを目指している。Coherence はバッキング・マップを使って、データベースその他のストレージへの永続化を可能にしている。同製品はJavaで実装されているが、Coherence*Extendコンポーネントを通じて.NET FrameworkとC++との接続も提供している。 Coherence利用パターンのいくつかはオープン・ソースとなっており、Oracle Coherence incubatorに掲載され、サポートされている。これらのパターンではCoherenceでWANをまたがったメッセージング、ワーク分散、データ・レプリケーションなどを実装している。 Coherence製品は元々タンゴソルが開発したが、同社は2007年4月にオラクルに買収された。この時、Coherence には直販の顧客が約120社あり、またオラクルの競合を含む企業からリリースされたいくつかの製品にも組み込まれていた。
  • In computing, Oracle Coherence is a proprietary Java-based in-memory data grid, designed to have better reliability, scalability and performance than traditional relational database management systems. Oracle Corporation acquired Tangosol Inc., the original owner of the product, in April 2007, when it had more than 100 direct customers. At that time Tangosol Coherence was embedded in a number of other software products, some of which belonged to Oracle Corporations's competitors.
sameAs
dct:subject
Wikipage page ID
Wikipage revision ID
Link from a Wikipage to another Wikipage
Link from a Wikipage to an external page
foaf:isPrimaryTopicOf
prov:wasDerivedFrom
has abstract
  • Oracle Coherence(以下、Coherence)はJavaベースのデータ・グリッド製品で、データ・キャッシング、データ・レプリケーション、分散コンピューティング・サービスを提供する。同製品は従来のデータベース中心のアプリケーションにまつわる問題を、信頼性、スケーラビリティ、性能を向上して解決することを目指している。Coherence はバッキング・マップを使って、データベースその他のストレージへの永続化を可能にしている。同製品はJavaで実装されているが、Coherence*Extendコンポーネントを通じて.NET FrameworkとC++との接続も提供している。 Coherence利用パターンのいくつかはオープン・ソースとなっており、Oracle Coherence incubatorに掲載され、サポートされている。これらのパターンではCoherenceでWANをまたがったメッセージング、ワーク分散、データ・レプリケーションなどを実装している。 Coherence製品は元々タンゴソルが開発したが、同社は2007年4月にオラクルに買収された。この時、Coherence には直販の顧客が約120社あり、またオラクルの競合を含む企業からリリースされたいくつかの製品にも組み込まれていた。
  • In computing, Oracle Coherence is a proprietary Java-based in-memory data grid, designed to have better reliability, scalability and performance than traditional relational database management systems. Oracle Corporation acquired Tangosol Inc., the original owner of the product, in April 2007, when it had more than 100 direct customers. At that time Tangosol Coherence was embedded in a number of other software products, some of which belonged to Oracle Corporations's competitors.
http://purl.org/voc/vrank#hasRank
http://purl.org/li...ics/gold/hypernym
is Link from a Wikipage to another Wikipage of
is Wikipage disambiguates of
is foaf:primaryTopic of
Faceted Search & Find service v1.17_git39 as of Aug 09 2019


Alternative Linked Data Documents: PivotViewer | iSPARQL | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 07.20.3235 as of Jun 25 2020, on Linux (x86_64-generic-linux-glibc25), Single-Server Edition (61 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2020 OpenLink Software