About: Jochen Bleicken   Goto Sponge  NotDistinct  Permalink

An Entity of Type : yago:WikicatEthnicGermanPeople, within Data Space : dbpedia.org associated with source document(s)
QRcode icon
http://dbpedia.org/describe/?url=http%3A%2F%2Fdbpedia.org%2Fresource%2FJochen_Bleicken

Jochen Bleicken (3 September 1926 in Westerland, Sylt – 24 February 2005 in Hamburg) was a German professor of ancient history.

AttributesValues
rdf:type
rdfs:label
  • Jochen Bleicken
  • ヨッヘン・ブライケン
  • Jochen Bleicken
rdfs:comment
  • Jochen Bleicken (* 3. September 1926 in Westerland, Sylt; † 24. Februar 2005 in Hamburg) war ein deutscher Althistoriker. Er lehrte als Professor für Alte Geschichte in Hamburg (1962–1967), Frankfurt (1967–1977) und Göttingen (1977–1991). Bleicken gilt als einer der bedeutendsten Forscher auf dem Gebiet der römischen Verfassungs- und Sozialgeschichte.
  • ヨッヘン・ブライケン(1926年 - 2005年)はドイツの古代史教授である。 セールスマンの息子として育ち、1948年から1954年までフランクフルトのキール大学で、歴史学と古典文献学を学んだ。彼は教授資格取得論文として、アレフレッド・ホイスの議会民主制について書き、1962年にはフランクフルト、ハンブルクで、1977年にはゲッティンゲンで教授職に就いた。 1991年には辞任したが、1999年まで講義を担当していた。専攻はローマ民主政・貴族政史で、その主要なテーマはローマ民主政の構造とアウグストゥスの生涯についてであり、総じて言うと彼の研究はモムゼンのプリンキパトゥスとドミナトゥスの概念自体の批判と言える。1978年からは、ゲッティンゲン科学アカデミーのメンバーでもある。
  • Jochen Bleicken (3 September 1926 in Westerland, Sylt – 24 February 2005 in Hamburg) was a German professor of ancient history.
sameAs
death place
death date
  • 2005-2-24
birth place
birth date
  • 1926-1-1
dct:subject
Wikipage page ID
Wikipage revision ID
Link from a Wikipage to another Wikipage
Link from a Wikipage to an external page
foaf:name
  • Jochen Bleicken
dct:description
  • German historian
foaf:givenName
  • Jochen
foaf:gender
  • male
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:surname
  • Bleicken
prov:wasDerivedFrom
has abstract
  • Jochen Bleicken (* 3. September 1926 in Westerland, Sylt; † 24. Februar 2005 in Hamburg) war ein deutscher Althistoriker. Er lehrte als Professor für Alte Geschichte in Hamburg (1962–1967), Frankfurt (1967–1977) und Göttingen (1977–1991). Bleicken gilt als einer der bedeutendsten Forscher auf dem Gebiet der römischen Verfassungs- und Sozialgeschichte.
  • ヨッヘン・ブライケン(1926年 - 2005年)はドイツの古代史教授である。 セールスマンの息子として育ち、1948年から1954年までフランクフルトのキール大学で、歴史学と古典文献学を学んだ。彼は教授資格取得論文として、アレフレッド・ホイスの議会民主制について書き、1962年にはフランクフルト、ハンブルクで、1977年にはゲッティンゲンで教授職に就いた。 1991年には辞任したが、1999年まで講義を担当していた。専攻はローマ民主政・貴族政史で、その主要なテーマはローマ民主政の構造とアウグストゥスの生涯についてであり、総じて言うと彼の研究はモムゼンのプリンキパトゥスとドミナトゥスの概念自体の批判と言える。1978年からは、ゲッティンゲン科学アカデミーのメンバーでもある。
  • Jochen Bleicken (3 September 1926 in Westerland, Sylt – 24 February 2005 in Hamburg) was a German professor of ancient history.
http://purl.org/voc/vrank#hasRank
http://purl.org/li...ics/gold/hypernym
is Link from a Wikipage to another Wikipage of
is Wikipage disambiguates of
is foaf:primaryTopic of
Faceted Search & Find service v1.17_git21 as of Mar 09 2019


Alternative Linked Data Documents: iSPARQL | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 07.20.3230 as of Dec 18 2018, on Linux (x86_64-generic-linux-glibc25), Single-Server Edition (61 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2019 OpenLink Software