About: Buzzard Coulee meteorite     Goto   Sponge   NotDistinct   Permalink

An Entity of Type : yago:Whole100003553, within Data Space : dbpedia.org associated with source document(s)
QRcode icon
http://dbpedia.org/describe/?url=http%3A%2F%2Fdbpedia.org%2Fresource%2FBuzzard_Coulee_meteorite

Buzzard Coulee is the collective name of the meteorites fallen on November 20, 2008 over Saskatchewan, Canada.

AttributesValues
rdf:type
rdfs:label
  • バザード・クーリー隕石
  • Buzzard Coulee meteorite
rdfs:comment
  • Buzzard Coulee is the collective name of the meteorites fallen on November 20, 2008 over Saskatchewan, Canada.
  • バザード・クーリー隕石(バザード・クーリーいんせき、Buzzard Coulee meteorite)は2008年11月20日にカナダで見られた火球と隕石雨である。 火球は2008年11月20日17時30分頃に出現し、アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州やアメリカ合衆国のノースダコタ州で目撃された。火球は満月ほどの明るさに5度増光した。400人以上が目撃したことを報告し、撮影されたいくつかの動画がユーチューブで公開された。衝突前にいくつかの破片に分かれていた。ビデオ画像からの分析が行われ、隕石は、秒速14kmで地球大気に突入し、重量は10トンほどであったと見積もられた。 隕石破片の分布域と推定された20平方kmの地域のすぐ南にあるマースデン村には隕石ハンターたちが集まった。多くの村人が落下の目撃や衝撃音や異臭を報告したため「マースデン隕石」とも呼ばれた。カルガリー大学の調査チームが調査に入り、2008年11月末までに10数個の隕石を回収した。最初に研究者が隕石破片を発見したバトルリバーバレーから約2km、離れたバザード・クーリーからバザード・クーリー隕石として国際隕石学会に2009年2月に登録された。 H4に分類される普通コンドライトである。
sameAs
dct:subject
Wikipage page ID
Wikipage revision ID
Link from a Wikipage to another Wikipage
Link from a Wikipage to an external page
Rural Municipality
name
  • Buzzard Coulee
geo:lat
geo:long
foaf:depiction
  • External Image
foaf:isPrimaryTopicOf
geo:geometry
  • POINT(-109.84805297852 52.996112823486)
thumbnail
prov:wasDerivedFrom
has abstract
  • バザード・クーリー隕石(バザード・クーリーいんせき、Buzzard Coulee meteorite)は2008年11月20日にカナダで見られた火球と隕石雨である。 火球は2008年11月20日17時30分頃に出現し、アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州やアメリカ合衆国のノースダコタ州で目撃された。火球は満月ほどの明るさに5度増光した。400人以上が目撃したことを報告し、撮影されたいくつかの動画がユーチューブで公開された。衝突前にいくつかの破片に分かれていた。ビデオ画像からの分析が行われ、隕石は、秒速14kmで地球大気に突入し、重量は10トンほどであったと見積もられた。 隕石破片の分布域と推定された20平方kmの地域のすぐ南にあるマースデン村には隕石ハンターたちが集まった。多くの村人が落下の目撃や衝撃音や異臭を報告したため「マースデン隕石」とも呼ばれた。カルガリー大学の調査チームが調査に入り、2008年11月末までに10数個の隕石を回収した。最初に研究者が隕石破片を発見したバトルリバーバレーから約2km、離れたバザード・クーリーからバザード・クーリー隕石として国際隕石学会に2009年2月に登録された。 有名なアメリカの隕石ハンターであるロバート・ハーグは1kgを超える隕石に対して10,000ドルで購入すると申し出た。その後民間人のアレックス・ミッチェルが発見した13kgの隕石を含めて1,000個を超える隕石の破片が回収され、回収された総重量は100kgを超えた。 H4に分類される普通コンドライトである。
  • Buzzard Coulee is the collective name of the meteorites fallen on November 20, 2008 over Saskatchewan, Canada.
georss:point
  • 52.99611111111111 -109.84805555555556
class
  • Ordinary chondrite
country
group
  • H4
image
  • Buzzard Coulee meteorite 12.3g.jpg
image2 caption
  • Buzzard Coulee, 12.3g sample.
image caption
region
type
  • Chondrite
Fall date
Found date
Observed fall
  • yes
Shock
  • S2
Strewn field
  • Yes
Weathering
  • W0
http://purl.org/voc/vrank#hasRank
http://purl.org/li...ics/gold/hypernym
is Link from a Wikipage to another Wikipage of
is Wikipage redirect of
is Wikipage disambiguates of
is foaf:primaryTopic of
Faceted Search & Find service v1.17_git39 as of Aug 09 2019


Alternative Linked Data Documents: PivotViewer | iSPARQL | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 07.20.3232 as of Jan 24 2020, on Linux (x86_64-generic-linux-glibc25), Single-Server Edition (61 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2020 OpenLink Software