About: 32 Variations in C minor (Beethoven)     Goto   Sponge   NotDistinct   Permalink

An Entity of Type : yago:WikicatVariations, within Data Space : dbpedia.org associated with source document(s)
QRcode icon
http://dbpedia.org/describe/?url=http%3A%2F%2Fdbpedia.org%2Fresource%2F32_Variations_in_C_minor_%28Beethoven%29

32 Variations on an Original Theme in C minor, WoO 80 (German: 32 Variationen über ein eigenes Thema), is a solo piano work by Ludwig van Beethoven. It was composed in 1806.

AttributesValues
rdf:type
rdfs:label
  • Variationen WoO 80
  • 32 variations en do mineur
  • 創作主題による32の変奏曲
  • 32 Variations in C minor (Beethoven)
rdfs:comment
  • Die 32 Variationen über ein eigenes Thema in c-Moll, WoO 80, sind ein 1806 komponiertes Variationswerk für Klavier von Ludwig van Beethoven. Der Erstdruck erfolgte 1807 in Wien durch den Verlag Bureau d'Arts et d'Industrie.
  • Les Variations en do mineur WoO 80 de Ludwig van Beethoven sont une série de trente-deux variations sur un thème original écrites pour le piano en 1806.
  • 『創作主題による32の変奏曲』(そうさくしゅだいによる32のへんそうきょく、原題(ドイツ語):32 Variationen über ein eigenes Thema)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1806年に作曲したピアノ独奏のための作品。 作曲者36歳の中期に属する作品で、古典的な作曲法と巧みな変奏技法とが見事に一体となった変奏曲である。ベートーヴェンはハ短調には特に名作が多く、交響曲第5番、ピアノ協奏曲第3番、ヴァイオリンソナタ第7番など、大作が揃っている。 作品番号はなく、死後の整理の際にWoO.80と付番されている。しかし1807年に当地の産業美術出版社から出されていることから、実験的な作品と考えていたのかと推測されている。 日本では、作品番号外にもかかわらず、調性が雄偉で、作曲者の性格・個性を象徴していると見なされることから、多くの演奏者が手がけている。ピアノ演奏技巧としては同時期の作品であるピアノソナタ第21番「ヴァルトシュタイン」に類似した動機が多い。
  • 32 Variations on an Original Theme in C minor, WoO 80 (German: 32 Variationen über ein eigenes Thema), is a solo piano work by Ludwig van Beethoven. It was composed in 1806.
sameAs
dct:subject
Wikipage page ID
Wikipage revision ID
Link from a Wikipage to another Wikipage
foaf:isPrimaryTopicOf
prov:wasDerivedFrom
has abstract
  • Die 32 Variationen über ein eigenes Thema in c-Moll, WoO 80, sind ein 1806 komponiertes Variationswerk für Klavier von Ludwig van Beethoven. Der Erstdruck erfolgte 1807 in Wien durch den Verlag Bureau d'Arts et d'Industrie.
  • Les Variations en do mineur WoO 80 de Ludwig van Beethoven sont une série de trente-deux variations sur un thème original écrites pour le piano en 1806.
  • 『創作主題による32の変奏曲』(そうさくしゅだいによる32のへんそうきょく、原題(ドイツ語):32 Variationen über ein eigenes Thema)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1806年に作曲したピアノ独奏のための作品。 作曲者36歳の中期に属する作品で、古典的な作曲法と巧みな変奏技法とが見事に一体となった変奏曲である。ベートーヴェンはハ短調には特に名作が多く、交響曲第5番、ピアノ協奏曲第3番、ヴァイオリンソナタ第7番など、大作が揃っている。 作品番号はなく、死後の整理の際にWoO.80と付番されている。しかし1807年に当地の産業美術出版社から出されていることから、実験的な作品と考えていたのかと推測されている。 日本では、作品番号外にもかかわらず、調性が雄偉で、作曲者の性格・個性を象徴していると見なされることから、多くの演奏者が手がけている。ピアノ演奏技巧としては同時期の作品であるピアノソナタ第21番「ヴァルトシュタイン」に類似した動機が多い。
  • 32 Variations on an Original Theme in C minor, WoO 80 (German: 32 Variationen über ein eigenes Thema), is a solo piano work by Ludwig van Beethoven. It was composed in 1806.
sound recording
cname
work
http://purl.org/voc/vrank#hasRank
http://purl.org/li...ics/gold/hypernym
is Link from a Wikipage to another Wikipage of
is Wikipage redirect of
is foaf:primaryTopic of
Faceted Search & Find service v1.17_git39 as of Aug 09 2019


Alternative Linked Data Documents: PivotViewer | iSPARQL | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 07.20.3232 as of Jan 24 2020, on Linux (x86_64-generic-linux-glibc25), Single-Server Edition (61 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2020 OpenLink Software